面倒な書類集めといえば、保険会社に出す書類があります。書類集めも示談交渉も全て弁護士にお任せすることもできます。本当は慰謝料などの示談金がすごく上がることが多いので、交通事故に詳しい弁護士(例えば交通事故の無料相談をやっている名古屋の弁護士)自分ですることも良いことかもしれません。

自動車保険の対人賠償保険について

自動車保険の対人賠償保険は、他人に対して自動車で損害を与えた場合、その分の賠償金に保険が適用されるというものです。ただし、状況によっては、保険金が払われないこともあるため、その特徴を良く把握しておく必要があります。まず、保険金が払われないケースとしては、「対人賠償保険の被保険者」に損害を与えた場合が挙げられます。これは、被保険者本人と、その家族が基本となりますが、場合によっては、雇い主や自動車を貸し出した相手などにも適用されます。

保険金が支払われるケースについて

逆に言えば、保険金が払われるケースとは、「対人賠償保険の被保険者」以外の他人に自動車で損害を負わせた場合ということになります。これに関しては、基本的に損害を追わせた理由自体は問題とならず、飲酒運転であっても、明らかに相手の不注意であっても、「他人」に自動車で損害を与えた場合であれば、保険金は下りることになります。そのため、自動車保険の対人賠償保険が下りるかどうかについては、原則的に「身内か他人か」で判別することができるといって良いでしょう。